人生スローカーブ(*´∀`*)ノ

水のように生きていたいものです。
慣らし運転
出勤
今日は少しマシになってパソコンで仕事ができた
転校する子たちにも最後の別れができたし

それでも午後は用事があったので帰宅
帰宅したらつい横になり、気づいたら夕方
用事は夜にした

リズムが崩れてるのか今あんまり眠くない
明日は長野のパン屋さんに行きたい

それでも今週初めよりはマシになってきた
こちらのテンポに慣れてきた

仕事 comments(0)
ドクターG
今日のドクターGをたまたま見た。
心臓内膜症からの脳梗塞発症。
見ていて脳梗塞やだなあと思っていた。
でもそれだけでは終わらなかった。

実は私は大腸に憩室炎ができて入院したことがある。
その時は盲腸なのか、憩室炎なのか判断できないということだったが。
その時は手術をしないで点滴で散らす方法を取った。


実はその後2回盲腸と診断されている。
その2回はレントゲンだかCTだかMRIだかで撮った写真を見せられ、
立派な盲腸ですよ
と言われている。
その時も点滴と薬で散らした。

手術すればいいのだが、
私の信念として体に傷をつけるのが嫌なのだ。
とは言っても、
今は5ミリ位の傷をつけてそこから腹腔鏡というやつでただ切るだけらしい。
「3日程入院すれば退院できるから今すぐ入院して手術しましょう。」
と言われたが固辞し、
「この位の大きさの腫れになっていると薬が効くかどうかわからないよ。」
と言われても手術は拒否して治療した。
なので今でも自分の腹の中には大腸がある。
それがたまに疼く。

疼くときは、
ストレスが溜まった時
便秘がちな時
食生活が乱れた時
運動不足

結構な割合である。
だいたい盲腸のあたりに違和感がある時は機能性ヨーグルトを食べ、
消化に優しいものを食べ、
できるだけトイレへ。
後は体を動かす。

実は鬱になってから、
ヨーグルトとバナナがいいと言われて、
朝食はずっとそれとパンなのだが、
ヨーグルトはプレーンの大きめの箱の物を買って、
数日に分けて使っていた。
その時はしょっちゅう盲腸なのか憩室炎なのかわからないけどお腹の右下が疼く。
少し痛くなったりすると、これはもう大変だということになり、
なんとかしようとする。
しかし、なんともならなくなって病院へ行くと、
「盲腸の可能性があるから検査のできる病院へ紹介状を書くから今すぐ行ってくれ」
と言われたのが2回あるということだ。

それで、機能性ヨーグルトが出始めたあたりだったので、
プレーンヨーグルトより値は張るが、
プレーンの替わりに機能性ヨーグルトを食べるようになった(具体的にはLG21)。
そうしたところ、痛みになる回数は減り、
よっぽどのストレスがかかった時に飲みお腹が疼くようになった。
疼くようになると、LG21の他にR−1を食べる。
それで体に気を付けるようにすると大抵は収まり、疼きはなくなる。
1日それぞれ1個ずつ食べると、
やたらとおならが出るようになり、
便も良く出るようになる。
その結果盲腸だったり、大腸の憩室(腸内の内壁のくぼみ)にたまったものが排出され治っていくようだ。

実はここ数日間疼いているので、
またヨーグルト療法をしているところだったりする。

前置きが長くなったが、
ドクターGの話。
憩室炎の持病がある時は心臓、血管、血液に関する手術の際に気を付けることが出てくるというのだ。
憩室炎なんてすっかり忘れていて、
盲腸も憩室炎も結局起こるメカニズムは同じで、
便などが溜まって炎症を起こす。
それを図で見て説明された時に、
あー、これは盲腸を取ってもまた起こるかもしれないなって思ったのと、
もし心臓関係の病気や脳関係の病気になった時など、
人工心肺をつけることになったら、
これは医師に伝えておかなければならないんだということ。

見ておいて良かったと思う。
また、実際の手術の映像や画像を見ながら説明していただいたので、
すごくわかりやすかったし、
とても難しいことをしていることが具体的にわかった。

医師とは常に医師であり続けなければ技術を維持どころか技術向上なんてできないだろうし、
それを自分の仕事にあてはめて考えた時に、
こんなに専門的な知識を持って保護者に説明できるだろうか。
子どもに教育を施せるのだろうか。
自分は教師をやるには未熟者ではないのか。
そんな風に思った。

ただなんだかよくわからない自分の感性やら、
なんとなくある指導法とか、
そんなものだけで子どもに教育をするなんて医師であったら失格だろう。
と考えると教師を続けてきた自分はもう教壇に立つ資格はないのではないだろうか
なんて思ったりもする。

問題は自分が仕事に行き詰まってること。
というか、色々な場合がありすぎて結局は自分がいいと思う教育活動しかできないということ。
病気のようにこの薬とか治療法とかが確立されている世界ではない。
色々な指導法はあるが、それがどの位の効果があり、どの程度通用するのか。
最近その壁にぶち当たっている。

体育や、算数など、目に見えて解決する、技能が向上する教科であればまだしも、
生活全般が教育活動なわけで、
さらにどうなったらいいのかというゴールが決まっているわけではない。

病気ならば完治すればいいのだろうが、
人間というのはどうなったらゴールなのか、
結局一人ひとり違う。

20代の頃は「こうあるべき」を掲げてやってきたこともあるが、
この歳になると、
子ども一人ひとりにとって何が大切なのかを考えて接することが大前提で、
実はそれをやると時間も気力も体力もいくらあっても足りない。
言わばオーダーメードになるから。
30人いれば30通り分の指導がある。

それは新卒の時から上に言われたことで、
一人ひとりに合わせるのはいいけど、
それじゃあ先生が持たないよ
と言われていたが、子ども一人ひとりは違うので、
大枠では同じことでもよいが、
最終的には子どもの特性に合わせて接することになる。
自分は特に何の資格があるわけでもなく、
目に見える実績もない。
本来ならばそういうものがあるはずの年齢なんだよな。
そんなことを考えると自分が教師でいる資格があるのか。
そんなことを思った。

医師が治療活動するにしても、
一人ひとり違っていると思うので、
それに合わせて治療しているのだと思う。
教育の世界ではまだその部分が発展途上だと思う。
もしかしたら既にあるのかもしれないが、
私が知らないだけなのだろうか。


いい刺激になった番組だった。
いい加減液晶テレビとレコーダー買おうかな。
見たい番組を予約して、時間を作って見たいと思った。

JUGEMテーマ:学問・学校


 

思考 comments(0)
戻れないのぉ
すっかり社会生活に適応できなくなり、
元に戻った感じがする
というよりも色々と武装してたのが解除されて素に戻っただけかもしれない
こちらは早い多い狭い

北海道に戻りたくなる
人よりも牛や馬が多いところへ行きたくなる
静かなところへ行きたい

牛はたくさんいても黙々と草を食べていた
草を食べる音だけが響いていて、
とても心地よかった
それでも生活するとなれば色々厳しいこともあるのだろうなあ


撮ってきた写真を印刷する
500枚以上あるだろうか
これだけシャッターを切ったんだなあと思うと同時に
緑と青が多いことに気づく
緑と青が恋しくなる

本州と違っていて
何もかもが広く大きい
本州にも似たような景色はあるけれども空気感までは表すことができない

バランスを取ろうとしているのか、
戻ってきてからは外に出たいと思わない

甲子園を見つつゴロゴロする
出勤する
寝る
そんな感じで
すっかり鈍ってしまった
昨日あたりからリハビリをしているのだが、
元に戻すまで結構時間がかかりそうだ

JUGEMテーマ:学問・学校


仕事 comments(0)
帰ってきました
昨日戻ってきた
4日から14日までいたのでざっと10日間くらい
一口に北海道と言ってもその中に県がいくつもあるかのように場所ごとによって違いました
ほんとは帰ってこないで来週いっぱいくらいまではいたかった

後は、時間を気にせず旅ができるようになりたいと思った

そのくらいの立場になりたい

そんなことを思うがいく先々で相手してくれる世話をしてくれる人たちが仕事をしてくれているから自分は快適に旅ができるんだとも思った

自分もちゃんとしないとな
そんなことを今日髪を切ってもらいながら思った

大人のほとんどは仕事をしてて、
こうしてぶらぶらと旅したり自由気ままにできる人なんてほんと少ないんだと思う

しかも10日も自分勝手にしたってのも


それがいいのか悪いのかわからないけれども、日本は労働してくれている人たちで成り立っていることはわかった


後は、旅をしていると自分がなんなのかわからなくなる
子供の時から今に至るまで数年ごとに住処が変わっている
どこ出身ですか?
どこから来たんですか?
と言われるとどう答えたらいいのかわからなくなる
また、地元の言葉を使った方がいいのか、標準語なのか、迷う

自分はどこの人で何者なのか?
そんなことを考える


部屋に戻ってきた時
1番落ち着くことができたから、
今はここの人間なんだろう


お金と時間から自由になったら
自分は一体何をするのだろうか?

そんなことも思う

行く先 comments(0)
出航
青森まで東北道を完走し、フェリーに乗る
函館まで行く

実は大きな船に長く乗るのは初めてと言っていい


仙台から、あるいは大洗からという方法もあったが、初めてなので青森からにした


約7日間の北海道

無事に帰って来られるかどうか

こりゃ外国に行くなんてことになったら大変だな


緊張で体が震えてるのかと思ったら、
船が揺れてるだけだった

旅行 comments(0)
外から見ると
リタリンが落ちてた

そのくらい辛いんだろう(´・ω・`)



外の世界に行く
車で街を走る


この世は労働で成り立っている

店に立っているのは
ほとんどが自分よりも若い人で
お客さんは店員たちよりも大抵若い

そりゃそうか
平日の昼間に買い物に来てるのは大抵は仕事をしてないか休みだもんな

平日の6時以降になると、
仕事帰りの大人たちが来ている

相変わらず相手をするのは若者たち

ほとんどがアルバイトかそれに近い人たちだと思う


景気が回復したと言われてるのはこの方たちのおかげだと思う



若者から夢を奪うな

思考 comments(0)
やっと終わったね
終わった感じは全くしないが終わったね
今日で全部終わらせようと思ったけど結局終わらなかったし、始めることもできなかったね
終わったわけだが始めたいというあまのじゃくな自分がいる
でもとりあえず終わったね

行く先 comments(0)
腐ると思ったので
仕事をちゃんとやったり
ジムに行ったり
買い物行ったりクリーニング行ったり本屋に行ったりなんだり


動かないと腐る

しかし今まで毎日こういうことを週5日やってたなぁと思う

ほんとは間違えて前の住処の近くのコンビニ受け取りにしてしまったものまで取りに行こうとしたけどさすがに疲れたのでやめた



魔が…

こんなこと言うと嫌がる人もいるだろうけど、
魔が来てる

と思った

後は運の使い過ぎか…


今までの貯金が使われている…


ほんと危ないな
って思ったことがここ数日くらいで数回あった

運が良かったのでなんにも起きなかったけども…

後は何かタイミングが合わなかったり

変な波動が自分から出てるなと思い
結局楽になると余計なものが出るんだなと思った

楽しくて充実してるのと楽なことは違う

思考 comments(0)
出さないと腐る
アウトプットしないと腐るらしい
余計なことを考えて、
自分の中で発酵して腐る


もう明日から2学期でいいや
とか思う

結局毎日子供たちに色々なことを話したり行動したりするから頭の均衡が保たれてる
入れたものを出せるから


夏休みに入り、
圧倒的に人と関わることが減った
というよりも、
普段が人と会いすぎなんだとは思うが…

しかし、そこで色々な刺激を受けるから良いらしい
自分勝手な理屈であるが…



10年前ならばずっと1人でいられたものが、
今では引きこもれなくなった…
そういう意味では正常になったんだと思う


昔はニートができたのが、

今では耐えられなくなりつつある


どんどん頭も体もバカになっていくのがわかってきて、
耐えられなくなる


どんどん腐っていく
頭がおかしくなりそうになる

人とか社会と関わっていないと耐えられなくなる


わずか1週間から10日でこれだ

休んでいた頃の自分に聞かせてやりたい

あの頃はなんもしないことが幸せだった気がするが、
今は何かしていることが幸せなんだと思う
もうこれ以上持ってこないでくれ
そのくらいがちょうどいいのかもしれない

時間があるということはこういうことなんだ
人と関わらないことということはこういうことなんだと学ぶ


忙しすぎるのもよくないが、
忙しすぎないのもよくない

ある意味強制される仕事というものがありがたいのかもしれないな
それか飼いならされたのだろうか…


自分でスケジューリングしなければ誰も言ってはくれないし叱ってもくれない

自分で自分を律しなさいとか言ってた自分を笑いたくなる
自分で自分を律しられてないのは今の自分ではないか


一生懸命出し切る
出し切らないと腐る
って話があるけど、
まさにその通りだなぁとか思ったり

行動しないといけない
という話とかを思い出す


定年退職後、また働きに出る人
専業主婦になったものの、
パートに出る人のきもちがわかる

人間は暇になると心が真空になりやすい
そこに入ってくるものは大抵ネガテイブなことだ

本当にそう思う

それでもまた朝が来れば行きたくないとか思うのだろう
それがひねくれた自分だ
それが私

行く先 comments(0)
時間の使い方
暇だ

あれほど望んでいた暇だ


結論から言うとバカになる
人と話さない、刺激がない、情報量が少ないと頭を使わないからバカになる
付け加えて今日はジムがお休みなので体も動かせない


頭がモヤっとして、やたらに訳のわからない事ばかり考える



退職して毎日がこうなってしまったら
ニートになったら
仕事を辞めてゆっくり休んだら


どんどんバカになる気がするのぉ(´・ω・`)


暇だから今までやろうとしてできていなかったことをやる気にもならない
というかやってみてもこれがまた面白くないんだわ(´・ω・`)

暇だと活動量が下がって何もしない
忙しいと活動量が上がるとともにやりたいことだらけになる

ということがわかった


とにかく無理矢理にでも午後からは予定ややることを詰めてやってみた
自転車も漕いでみた

少しはマシになったような気がする


なんだかんだ言っても、人と関わり体を動かし気も使いストレスも感じるこの仕事をしてた方が心身ともに健康でいられるのではないかと逆説的に思った

しかし、始まると辞めたくなるんだけどなぁ〜(´・ω・`)


自分で自分の時間を区分しないとボケるなこりゃきっと(´・ω・`)

思考 comments(0)
<< 2/125 >>

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode



-教育ブログ-
にほんブログ村 教育ブログへ
↑もしよかったら1クリックお願いします(*´∀`*)ノ

-ビジネスブログランキング-
ビジネスブログランキング
もしよかったら1クリックお願いします。