人生スローカーブ(*´∀`*)ノ

水のように生きていたいものです。
よく生きてるよな
と思う。

適当にこんなんでいいのかと思ってるけど、
ほめられる

授業、子供の対応、保護者から、上司からとにかくほめられる。

大人になってこんなにほめられることはないと思う。

でも自分としてはなんでこんなのでほめられるのかって思うし、
そりゃおそらく周りからしたらベストだと思われる対応がわかるからそうしているだけで自己満足はない。
むしろ、
もっとできるけど手を抜いてるという印象しかない。

100の対応できるけど、
本当はまだまだ地力があるという感じなのだがどうにもやる気が出ない。


一生懸命やってる先生は腐るほどいるけどそれが結果として出ないのは何故なのかと思う。


おそらく今までの読書と経験量から模範解答を知ってるから自分はただできているだけで、
それは答えを知っているテストを受けているようなもの。

そこに満足感はない。
しかしユーザーはほめてくれる。

そりゃ満足する対応を当たり前のようにしているからだろうとは思うがね。

逆を言うと自分レベルなんかで喜ばれるということは今まで他の人は何をしてきたのかということ。


そりゃ現実には学校にいる以外は力尽きて本当に文字通り動けない自分はいるが、
教師としての態度は自分では良くないと思っている。

うまくいかなくてもいいから熱中できるものを…



来年の人事配置について考える。
自分なら自分を1番今きついと思われるクラスにあてる。
今の学年はあの先生と自分をチェンジする。
その方が一緒に組む先生は毎日が楽しくなるし、
子供たちもアクティブな楽しい先生になってもっと伸びるだろう。
あの学年はあの先生たちを。
なんて考える。

今のままあげたらみんな辛いだろうから自分があのクラスに入る。
そうすれば自分だけが辛くてすむから。
なんて考える。


結局自己犠牲であり、
捻くれてるなぁと我ながら思う。

でも今のクラスだって、前のクラスだって、きついから自分がもった
という側面は否めないし、
とか言っても結局特に問題のないクラスになっていく。


問題は、
自分がそれを楽しめないという点だなぁ。


ワークシート、イベント、アクティブさ、快活さ、そんなものを使えなくて、
ただ淡々と子供たちの話、親たちの話を聞く。
派手な技は何1つ使えない。
周りの教員から評価されるようなことはできないし、
おそらく授業を見たり、教室の姿を見てもおそらく誰も再現できないし、
なんで去年までのあの子が普通に座ってるのか理解できないだろうし、
前向きに学習に取り組んだり友達との関係がうまくいってるのかわからないと思う。

結局シンプルなんだけど、
シンプルすぎる故にわからないと思う。

何か目に見えるような特効薬的な、
派手さはまるでないから。


なんで去年までと違うのかわからない。
結局今までの人生の経験的に得た人を分析して的確だと思われる対応をしているに過ぎない。

職場の自分と本来の自分の性格は違う。

本来の自分は短気だし好き嫌いが激しく、喜怒哀楽が激しい。
しかし教室内、学校内での自分は相手が求めるものを与える。

結局無意識に演じる。

校内で本心を話せる人はいないな。

だけど、
たまに本当に実力のあるベテランの先生はわかってくれる。



子供、保護者に対するコツはシンプルで、
とにかく相手が求めることがわかること。
そして聞くこと。
ただそれだけ。

人間は自分がいいと思うことしかしないから、いくらこちらがいいと思って押し付けてもどうにもならない。
だから黙って話を聞き、表情態度から何を考えているか把握し、
自分が与えられることをする。

ただそれだけの話。

それに相手の想像を少しだけ上回ることをしてあげるだけ。



おそらく今まで、
今までというか辛い頃の人生経験が生かされているだけだと思う。
自分がやられて嫌だったことはしない。
ただそれだけ。


子供や保護者、実力のあるベテランにはわかるみたいだけど、
その他にはわからないみたいだなぁ。


周りからすれば、
朝遅く来て、
早く帰るのに何も問題が起きてない訳の分からん先生に見えるに違いない。

家で仕事をしてると思われてるかもしれないし、
何もしないずるい先生だと思われてるかもしれない。
なのに子供や親や上司にはウケがいい嫌なやつと思われてるかもしれないな。
だからといって、
朝早くから夜遅くまでやって、
休日も出勤する気には到底なれないが。

でもそれがデフォルトの先生なんだよね(´・ω・`)


人間観察、分析力、合理化、処理能力、対人能力、そんなものを複合的に組み合わせるとこうなる。
しかしそれが周りにはわからない。

思考 comments(0)
スポンサーサイト

- -
Comment









/

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode



-教育ブログ-
にほんブログ村 教育ブログへ
↑もしよかったら1クリックお願いします(*´∀`*)ノ

-ビジネスブログランキング-
ビジネスブログランキング
もしよかったら1クリックお願いします。