人生スローカーブ(*´∀`*)ノ

水のように生きていたいものです。
「自然の摂理」
まぁ朝までもやもや
大人げないが籠る

「話が通じない人の心理」とか読む。


まぁ結局なんとかなりそうなもので、
大人げないが仕方がない


夏休みはのんびり
というか、8月から旅行に出るので実は日があまりないな(´・ω・`)

これがラストか
それとも来年もやるのか
それとも今年中にまたやるのか

色々な道がある

久しぶりに会った子どもたちはかわいかった
と言ってもまだ離れてから1週間位なのだがね

毎日一緒にいるとわからないけれど、
たまに見ると本当に小さい
幼い
そんな印象を持つ
そしてかわいい


40人学級じゃなくて、
20人学級ならばもっと細かくみられるのだが
と思ったりする


本当に色々な道がある
‖海韻
⊆めて違う職種につく
辞めて他の学校へ行く
ぜめて帰る
ゼめて帰って臨時をする
辞めて帰って違う職種につく
Г修梁


誕生日の夜は時間があった
だから音声を聞いたり本を読んだりテレビを見たり寝たりなんだり


1つ変わったことは動くようになったことかな
特にこっちに来てからは
昔は動けなかったなぁ

こっちに来てからは水が合うのかよく動く
家にいることが少ない
平日も最近はジムに行くから家事と眠るだけ
土日は大抵車で遠くへ行っている
家にいることが少ない
本は相変わらず買うけれどもちょこっと読んで積んである本が多い
それよりもネットで音声を聞きながら何かをやったり、
運転していることが多い
読まなきゃなあと思って手を付けてない本がおそらく50冊以上あって、
もう一度読み直したいと思う本は200冊位あって、
読んどいた方がいいなあと思う本ももっとあって

ちょっとした書庫のようになっている

多くの本を読む中で
結局は「自然の摂理」という五文字に落ち着く気がする

無理しない自分らしく後は大きな力に任せる

それに尽きると思う


自分に何故子どもが懐くのかわかった気がする
「きょうせい」しないから

強制、矯正
どちらもしないからだと思う
自然のままありのままにさせるからだと思う
だから子ども自身のままでいられる
後は攻撃しないからだろうな
身の危険を感じないのだと思う

伸びたい方へ伸びたらいいよ
そんな風に感じるのだろう
ただし人を傷つけたら許しません

集団であれば身の危険を感じない中でありのままでいられるのだから心地いいのだろう

面白いのは10歳を過ぎると魔法が解けるということ

それは本当に不思議なもので、
シングルエイジにはそれはそれは懐かれるのだが、
ティーンになるとそうではなくなる
そこが面白いところ

昔からそう
気がついた時からそう


おそらく自分自身が枠にはまりたくない人間で、
自由なんだと思う
小さい頃は自分が感じたものが世界の全て
それが大きくなるに従って柵(しがらみ)が出てくる

色々な細かいルール
感情の分化
どんどんきめ細かくなる

幼い時はシンプル
嫌な時は泣く
楽しい時は笑う

複雑じゃない

自分のことを理解してくれる「大人」は私のことを細かく繊細に色々な方向から人間を見る
と言うが、
結局のところシンプルなのが一番だと思うし、
「自然の摂理」だと思う

難しいことを極限まで単純化すれば答えは1つになる

JUGEMテーマ:学問・学校


思考 comments(0)
スポンサーサイト

- -
Comment









/

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode



-教育ブログ-
にほんブログ村 教育ブログへ
↑もしよかったら1クリックお願いします(*´∀`*)ノ

-ビジネスブログランキング-
ビジネスブログランキング
もしよかったら1クリックお願いします。