人生スローカーブ(*´∀`*)ノ

水のように生きていたいものです。
自分を許す
とりあえず許すか(´・ω・`)
別に言われたわけでもなく感じるだけだしなあ(´・ω・`)

自分に優しく他人に優しく
まずは自分に優しくならないとなぁ(´・ω・`)

だって、倒れてもあの人たちは面倒見てくれないから(´・ω・`)

行く先 comments(0)
指数関数的に
いろんな人がいるけれどもいろんな人と話をする機会を頂いている
人を見るのはとても面白い
そしてこうやって人と話ができる機会を得られるようになったのと、
色々な人と話ができるようになったのはこの仕事についたからというのが大きいと思う


20年前とは別人だ


20年前の自分が今の自分を見たらどう思うのだろうかと考える

少しずつ見えないような何ミクロンかの隙間を作っていく
指数関数的に突破していくというのは本当かもしれないな

初めは目に見えない程度
しかし確実にそれは大きくなっていき、
いつの日か爆発的に膨れ上がる

あの頃欲しかったものはそのうち全て手に入るのかもしれないな

行く先 comments(0)
Where do I go?
僕はどこへいくのだろう?
という曲

ピロウズのアルバムを買った
バンド仲間の一押しというので

ピロウズのコピーバンドを始めてもう5年くらいになるだろうか
なのにCDを買ったのが初めてだというw

これはハマった

30分という短いアルバムだけど何度もリピートして聴いている

始めは音の作り方が真面目で基礎基本がしっかりしてるから安心して聴けるってのもあったが、
歌詞が

今の自分にピッタリだな

こんな風に生きてみたいものだ
ピロウズが幅広く世代を超えて支持されていることや、
ミュージシャンのファンが多いっていうのもよくわかる

そんなバンドのコピーを自分はしてる

ドラムを叩いてる
ライブも2回やったな

ライブも見に行ったな



人の縁がある
バンドに入ったのも旧友の縁

この先道を変えるだろう
これも旧友の縁


あの大学に入ってなかったらこの2つはないな


道を変える決断に至ったのもこのCDを買ったからかもしれないな

行く先 comments(0)
みんなどこへ行った?
みんなどうしたかしら?
みんなどこへ行ったのかしら?

そんなことを思う


真面目にやって良かれと思ってやっている
それが裏目に出る
やり方があまりよろしくないとは言われるがではどうしたらいいのか
解が見つからない
とっくの昔に自分の持っている解は古くなってしまって
それはもはや解ではないのかもしれない


というより人種が違うのか

いくらでも踏み出せるし飛び出すこともできる
いや、解は知っている
しかしその解は自分の解ではないのだ


みんなどうしたかしら
ほんとにそう思う

あそこにいたみんなはどうしたかしら?
希望や夢を失ったら生きていくのは難しい
いつの間にかそんなことを考えることもなくなって忘れるどころか頭からぽっかりなくなってしまった気がする

あなたの夢はなんですか?
それをない
とかいう子供もいたりする
子供ながらに生きていくことに希望など持てないのかもしれない

大人の姿を見てればそうだよね、ねぇ(´・ω・`)


なんてことも思うが

離任式をやって、
うちの子供たちが号泣した

他のクラスの倍以上泣いている

あー、
去年の方がよっぽど良かったと思っているのか、
はたまた感受性が強いのか
よくわからない

しかし自分が受け持つ子たちは何故か気持ちが解放されるらしく、
言いたいことを素直に言い、
やりたいことを素直にやる

誰も評価してくれないが、
それが1番いいことだと思うのだが


やりたいことをやり
言いたいことを言う
それが1番ではないのか


時代にそぐわない
なんてことは今までも書いてきたが、
模範解答を知った上での外しなので、
どう思われたってわかる人だけに分かってもらえばいいが生きにくい


わかる人だけの世界で生きていけたらそれは楽でいいだろうなと思う

仲間はどこへ行った?
自分が一緒にいたい人たちはどこへ行ったというのか


ほんとステージを変えなければ生きている意味がないような気がするし、
ある意味昔から自分は変わらないんだよね(´・ω・`)
という気もする


職人気質と言えば聞こえはいいが、
時代の流れやそんなものに適応していけない化石みたいな人種な気もしている
そこが良さであり弱さでもある
不易流行とはよく言ったもので、
不易なものがたくさんあり、
後は流行をなんとかしないといけないのかもしれないのと、
現状にあった手立てをとるしかない

それは周りの大人たちには理解し難いことでもあると思うけれども、
そうやっていくしかないのだと思うのだが

一口に仕事とはいうが、
仕事と人生と生活と人間関係と自分の生き方と

高次元でギリギリのバランスを保つしかないのと、
今が最善なのと、
後は待つしかないのかということと


みんなどこへ行ったのかしら?

そんなことを思った歓送迎会後の静かな夜

行く先 comments(0)
変換
仕事第1主義から自分第1主義へ
とは言っても仕事をおざなりにしたわけではない
むしろそうした方が仕事がよくできた
期待もしない無理もしない
ただやるべきことやった方がいいことを淡々とやる
自分に余裕がないとうまくいかない

昨日J-WAVEのアンテナを聴いてそう思った
野村訓市さんの放送
死んだりケガしなければそれでいい
後は緩いブラックなジョーク

海外での旅の生活の話

こんな生活ができたらいいなと思う反面自分にはできないなと思ったりもするけれども、
生きててケガしなければ後はどうにでもなる大丈夫
という言葉に救われた

そして休養

病院からもらってきた小冊子を見て、
そんなことを思う
自分にとって大事なのは何?


自分とその自分が大事に思っている人に時間や気持ちを割けばいい

そんなことを思った

それが広がればいい

行く先 comments(0)
帰ろう
どうもこの時間はきつい

やりたいようにやりたいわけだが何故だろうかうまくいかない
というよりも多すぎるのだ、やることが
良いように言えば自己裁量
悪く言えば放任


そもそも何をしていいのやら(´・ω・`)ということになる

そもそもやりたくない
ということになる(´・ω・`)

人のために時間を使い、常に頭はそこにある
誰か救ってもらえないものだろうかとも思うのだが

こんなもんだと思えばそれでいいのかもしれないけどねぇ

時間と自由が欲しい
普通の人と比べたら裕福なのかもしれないが


親と話せば自分が子育てしてた時とは学校はまるで違うという
学校だけでなく時代も社会も違うのだろう

お母さんも働くのが当たり前になった
預けなければ生きていかれないという
というよりも専業主婦って今どのくらいいるのだろうか


2人で働かなければ食っていかれないのならばシングルはどうなるのだろうか

というよりもいつからそうなってしまったのか

自分が子供の頃は母親もフルタイムなんて珍しかったと思うのだけれども

今では働いていない方が珍しい


と思うのだが

こんなんでは何をしているのかわからなくなるな(´・ω・`)

行く先 comments(0)
10年後この世界はあるのだろうか?
自分だけが疲れているわけではない
そろそろみんな疲れがピークである
そろそろ無理がきかなくなる頃だ
産休代替の方は指導教官もいないのに1人で担任
しかも初めてなので右も左も分からない
昨日あたりからきつそうだった
今日軽く話を聞いてみた
大したことはできないけどねぇ(´・ω・`)

自分もきついのに若者たちはさらに大変なことだろう


昨日の夜の自分だが、
経験と悪戦苦闘したあげく自分を責める

結論として
「生きてるだけでいい」
ということになったら気持ちが楽になった

生きてるだけでいい
後はできることはやるけどできないことはやらない

と思った

数年前に、
この世界は壊れる
と書いたと思うがそうなってきた
もはや組織の体をなしてはいない

どうやら本店もそうらしい

やることが過剰で処理が追いつかない

結果的に現場レベルでなんとかするしかない

逃げ出すのが得策だと思うなあ


ほんとうちの本店から何からまた0からやればいいと思う

今年1年できたら後はいいと思うようになってきた


偉くもなく若くもない



中途半端に偉くなるとそれこそきつそう
学年+1人つければいいと思う

それこそ近隣自治体のように

使いもしない物に金をかけるのなら、学年1人とは言わない、学校に1人でいいからフリーの教員を置いたらそれだけで捗ると思うのですがね


それでも一校あたりのコストは1000万か

それだけの価値はあると思うのだが

毎日学校が閉まるまで働いて、家に帰っても働いて、土日も働いている人がいる

当然過労死レベルの残業80時間ラインはとっくに超える


年々色々なことが厳しくなっている
まるで教員潰しだな

行く先 comments(0)
どうでもいい男
使い勝手がよい
後を引かない
他にいい人がいいと思われている

所詮触媒な人生なわけで、
そういう風に生きていくようにプログラムされているんだろうなあと思う
永遠の2番手
それでもいいとは思うがちとさびしいよね(´・ω・`)

結局は自分らしくしているしかないわけだがね(´・ω・`)

行く先 comments(0)
不安(´・ω・`)
年度が変わった
正直不安でいっぱいだったりする
環境が変わることに非常な恐怖を感じる私ですが、
うまくやれるか心配と思うから不安になる
うまくやろうなんてしなければいい
そのままで、ありのままの自分をさらけ出せばいいし、
ダメになったら逃げてしまえばいい

というよりも、周りの期待値と自分の能力、そして、自分の肯定感のなさがそれを産み出している

その中間でいいではないか
初めからとばすと後が続かなくなるのだから、
ここはダメじゃん(´・ω・`)
と言われるくらいにしておけばいい
先にハードルを上げれば後々しんどくなるのは目に見えているから
そうして今まで苦しんできたんじゃないか(´・ω・`)
だからダメで元々のくらいでやればいいと思う(´・ω・`)

だって、初めてやるんだもの(´・ω・`)
わからなくて当たり前なのでわかるようにするしかないよね(´・ω・`)

と思った(´・ω・`)

わからないのに情報も事実も握ってないのに決めようとするから不安になるのだから
その時まではできることをするしかないと思う


というよりも、自分よりも不安な状態に置かれた人の方が多いんだろうなあ(´・ω・`)

不安は不安のまま抱きしめておいて、
できることをやろうっと(´・ω・`)

行く先 comments(0)
春の歌
スピッツの春の歌
どうも何度も今日は聴いている
気分的に春なのかなんなのか
元々は色々落ち込んだりなんだりしてスピッツの渚を聴くつもりだったのだが春の歌ばかり聴いている

これからの自分のことなのかもしれないな
そして、職場の雰囲気がガラリと変わるような気がしている

全てが新しく始まるようなそんな予感がしている
古いものを全て脱ぎ去り、
新しい服を着る
そんな気がしている


基本的に春は憂鬱なことが多い
新しいことや変化が苦手だから

しかし今回はそれを超えて新しくなりたいんだと思う

というよりも自分の権限が増えるからなのかもしれない
自分で考えたことが実行できる
そんな気がしている


若返る時が来たのか

大変だ大変だと騒いでいるけれども、
旧来のやり方でうまくいかないよりは新しいやり方を試す方がいい


そんなことを思いながら教室の片づけをしていた

行く先 comments(0)
1/24 >>

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode



-教育ブログ-
にほんブログ村 教育ブログへ
↑もしよかったら1クリックお願いします(*´∀`*)ノ

-ビジネスブログランキング-
ビジネスブログランキング
もしよかったら1クリックお願いします。