人生スローカーブ(*´∀`*)ノ

水のように生きていたいものです。
リーダー研修
リーダー研修
自分以上の役職の人がほとんどと指導主事との協議会
正直学校で話しているよりも楽しいし面白い

話していて思うのは、
みんな意外と色々なことを知らないのと、
自分が話しすぎてしまうことだ

そして普段喋れない校種や立場の人と話せて面白いこと

しかし顔が少しばかり売れてきて、
やりづらくなってきたようにも思える

前にも書いたと思うけど、
自分よりも圧倒的に上のレベルの人と話したい

そして叩きのめされたい

正直こんなんだからダメなのよ
って言われたい


といってもずっとうつ状態だったので、
昨日あたりから少しずつ浮上してきたかな

昨日は精神通院の自立支援の継続申請に保健事務センターへ
年に一度行くのだが、
障がい課、とかいう看板のところに行くと、
そんな気分になる

そして精神通院の…というと、
それ相応の扱いをされる
日常とは違った優しい扱われ方をされる

日常生活をなんとかおくれてて、
仕事もなんとかやってて、
本来ならこんなに頑張んなくていいのに頑張ってるんだなあと思うけど、
だいぶ息を抜きながら仕事はしている
息も抜いて手も抜いてる
だけど最低限の結果は出せているつもり

逆に人以上に動けないからあの手この手を使ってショートカットしていく


最近仕事の話をしてても理解されないことも多いし、
それはあなただからできることで、
他の人にはできないと言われたり、
しかしそうしないと自分は仕事続けられないのだよ(´・ω・`)

どうにかこうにか仕事を続けるために編み出してる手だもの


普通の人のように12時間も続けて活動できないわけで、
それをなんとか定時内で終わらせるようにしてる
それでも終わらない時で余裕があれば残ることもあるけど
そのかわりどうにもならない時は授業だけはやって帰る
それでもダメな時は休む
休むことはだいぶ減ったけどね

やった方がいいことなんて鬼のようにあるし、
それをやり続けることができたらもっと人望もあって、子供にも保護者にも好かれてとてもいい先生であるだろうとは思うけど自分には続けられない
色々やってる先生はすごいと思う



やっと自分の時間が取れそう
明日は少し休んでもいいかな


ちなみに今日の研修は子どもの自殺防止のための研修でした

これは過去もっと具合が悪い時に色々調べたことだったから、
まぁそうだろうなぁと思うことが多かった

そして追い込まれてる子や、うつになってる人に対して、
どう対処していいかわからない方が多いということもわかった

自分自身がほぼ寛解状態とはいえうつ状態だし、
年に数回しか行かなくなったけどまだ病院にも行ってるし、
色々苦しんできた身なので、
わかるんだろうが、
なったことがない人にとったらわからないと思います
リストカットの話も出たけど、
実際に知り合いで数人やってるのを見たし、
現場でもあるようだけど、
どう対処していいかわからないみたいですね

最近は見えるとこにはやらないで見えないところにやっていると聞いて、
自分が見た時代とは変わったんだなぁと思いました
大抵腕が手の甲だったりしてたので

今は太ももの裏とか、お腹とか見えないところにやるそうです


自殺についても、
私は未遂も実行もしたことはありませんが、
死にたいと思ってた時期はあったので、
あの辛さはやっぱりなってみなけりゃわからないと思いました


日常生活を普通におくってた子が突然自殺する
という話を聞きましたが、
おそらくサインに気付けないのだと思うのと同時に、
まだ自分は自分が教えた子については出てないのである意味幸運だったのかなと思いつつ

前の学校にいた時までは、
3学期末の終わりの時期に、
必ず自分からは死ぬな
死にたくなったら逃げろ
学校からも家からも嫌なことから逃げていいから絶対に死ぬな
という授業なのかなんなのかわからないことをやってました

まだ立場がそれほど上でもなく若手だったのと、
自分がそういう死にたくなるような経験をしてたのでそういうことを言ったんだと思う

後は知り合いが自殺したことも影響してると思うのだけれども

死ぬくらいなら逃げろ
と言っても、
死ぬくらいまで追い込まれてる場合は逃げられないんですよね実際は
だからそこまでにならないところでうまく逃してやらなきゃならない


そこまでなる人って真面目な人が多いから、
すごく自分を責める
自分には価値がない
自分には生きてる意味もない
この世にいない方がいい
迷惑になる
みんなもそう思ってる

という思考になる

私の場合は死ぬと家族と一族に一生傷を負わせることになるので、
初めからいなかったことにならないかなぁと思ってたことはありました

地域でずっと言われ続けるのでそれはできなかったな

後は親が一生悔いるだろうと思ったのと、兄弟に迷惑がかかると思ったので

その前に痛いことはできないのでできなかったとは思いますが
だから引きこもってたね



もっと互助的に余裕をもってみんなが生活できたらいいのにね(´・ω・`)

うつ病 comments(0)
電池切れ
色々疲れてて、
仕事以外は何もできなかった

帰ってきてはボーッとする日々


充電切れ



両親を箱根に連れて行ったり、
土曜公開と午後の補習指導の取りまとめとか、
研究授業とか

色々

ようやく今日あたりから少しはマシになってきた(´・ω・`)


まるで抜け殻のよう(´・ω・`)


LINEもメールも見たくない(´・ω・`)
人に会いたくない
そして暑い(´・ω・`)


本当なら週末一泊旅行行きたいけど、
髪が伸びていい加減切りたいのと、
友達に会う予定があって行けない(´;ω;`)


髪を切るの伸ばせば行けそうだけども(´・ω・`)

明日出張の後そのまま山梨でも行きたいなぁとかなんとか

それか髪を切った後無理やり行こうかな


とにかく充電しないと(´・ω・`)

うつ病 comments(0)
秋の夜更けに
暇になるとろくなことを考えない。
過去のどうでもいいことを思い出す。
暇というのは精神的に「暇」ということだけれども。

今週も忙しかった。
朝はいつも行きたくないからいつもギリギリ。
でも行けばよく働いたと思う。
それこそ「傍を楽にする」くらいには。


行ってしまえば仕事しかしない。
たまに休んで、
そして戻って仕事。
仕事仕事仕事。


何故だか悲しいけど雄大な曲を聴きたくなる。
シカゴのハードトゥーセイアイムソーリーとか、
エリックカルメンのオールバイマイセルフとか。

そういう精神状態なのかもしれないな。

仕事が終わってみな帰っていく。
就業後の雑談で、
みなそれぞれが今週あったことを旦那や彼女やらに言うんだとかいう話をしていた。

そんな時に、
あの時結婚してたら自分もそんな風なことを思うのだろうかと考える。
違った未来があったのだろうかとも思う。
でも、今は違うし、
彼女は幸せに暮らしていることだと思う。
自分と結婚していたら結局酷いことになっていそうだし。


帰る場所っていうのがそろそろ必要なのかもしれないと感じている。
そういう場所があれば強い。
守るものがあれば強くなれるというのは本当だと思う。


自由でいたいと思う。
心も体も全てが。
そんな形を模索していたから今がある。

こうして色々な人に感謝されながら、
毎日生きていく。
自分もまた感謝しなければならないと思うし、
今の生活にも感謝したいと思う。


昔とは全てが逆だ。
人が周りにたくさんいる。
連絡を取ろうと思えば色々な人に取れるし、
嘘のように信頼されているし。
連絡を取らなくても人が周りにいる。
昔は誰にも相手にされなかった。
それが今では毎日誰かと話をし、
交流ができ、
それがありがたい。

過去の自分が今の自分を見たら信じられないと思うだろう。
そのくらいの生活を今、している。

おそろしいくらいに夢が叶っている自分に。

JUGEMテーマ:日記・一般


うつ病 comments(0)
完璧主義者と真面目主義
まぁきてくれてよかった。
無事に終わってよかった。
そんなところだろう。
私は前日当日と七転八倒だったが、
慣れるまでは仕方がない。
しかしどうにもならないので自己分析後学校へ道具を取りに行く、そして病院。
友達を呼び出して飲む。
とにかく怖いのと、妄想だとわかっていてもきつい。
結局のところ、その怖いのと妄想をやっつけようと思った。
まぁ嫌なんだけども。
それでも続けるからにはなんとかしなければならないし。
こんなに怖いのに辞める気にならないのはなぜなのか。

とか思うわけで。
やめてしまえば治る。
そんなことなのだろうか。


いろいろと考えることはあるが、
真面目すぎるんだろうな。
いろいろと。
もうちょっと適当に物事を考えるとか、
だらっとするとか、
そういうところなのだろうか。

本屋で見たシナリオ設定集の
「完璧主義者」
の欄に書かれていることがまるで自分のことのようで、
思わず笑ってしまった。

JUGEMテーマ:日記・一般


うつ病 comments(0)
生まれ変わり
プールにスマホを持っていって、
いざという時はその場から救急車を呼べと言われていたので、
スマホを持ってプールへ。
一緒に組んでいる2人はそんなことを考える余裕すらないと思ったので持っていった。

気がついた時には3年半以上も使っていたスマホがお亡くなりになっていた。
水着のポケットに入れておいたのを忘れてプールに入って指導していた。
上がってから気がついた。


やっと冬タイヤから夏タイヤへと替えた。
夏タイヤに履き替えたのはこれもまた2年ぶりくらい。
前に履いていたスタッドレスをそのまま去年の夏に履きつぶし、
去年の冬に新しいものに替えてからそのままだった。

「片減りしちゃってるので、前輪の2本は次取り換えなきゃいけないと思います。」

はい?


どうやらアライメントが狂ったまんまずっと走っていたらしく、
どうやら逆八の字状態で走っていたらしい。

ちなみに頼んだホイールも色違いのが届いており、
それはそれでいいのでそのまま購入した。
タイヤ自体はいい。
タイヤを替えるだけでこんなにも変わるのかという程に。


立て続けに大きな買い物をしたわけだが、
両方とも予期しないことが起こった。
スマホはバッテリーを2回交換する程だったから、
そろそろ変えなければいけないけれどまだ壊れてないからいいやと思っていた。
タイヤは実はそのまま夏も履き続けて、来年の夏も履き続けて、
来年の冬にまた冬タイヤにしてもいいと思っていた。
夏タイヤは夏タイヤで、前の夏タイヤについていた鉄のホイールごと処分してしまったのでホイールも買わなければならなかったし、
そうなるとそれなりのお値段がすると思っていたので。
しかし、この夏に遠出しようと考えていて、
冬タイヤよりも夏タイヤにしておいた方がいいかもしれないな
と思ったのであえて替えに行った。
そうしたら片減りしてたという。

まあタイヤに関しては安全上の問題もあるので仕方がないのと、
初年度登録からもう9年もたつ車なので仕方がないのかなと思う。
スマホももう3年半もたっており、
同じ種類のやつはもはや4代も前のものなのでこれもまた仕方がないのかなと思う。

ちなみにテレビは未だにブラウン管だが、
最近つけた時に色が滲んで数秒くらいうまく映らなくなってきた。


色々なものを新しくする時期に入ったのかもしれない。

実は仕事もうまくいっていない。
最低限度はできているのだろうし、
子どもからも保護者からも上司からも何もクレームが上がってこないからそれはそれでうまくやれているのだとは思う。
しかし、
自分の中ではもはや意味が見いだせなくなっている。
簡単に言うと、
疲れた。

それでも、
この間行った自立支援医療の手続きで仕方なくとった課税証明書の金額を見れば、
人よりも収入はあるのだろうと思うし、
毎日の生活の中でしていることを単に書き記せばうらやましく思う人もいるとは思う。
そもそもスマホもタイヤも一気に替えるってことも中々できないと思うし。
ちなみに今書いているパソコンも起動するときに必ずエラーが出て、
復旧作業しないと動かなくなった。
これもそろそろ寿命だと思う。

新しくする時期に入ってきたのかと思う。

人間関係も崩れてきた。
職場もそうだし、日常もそう。
それもいつまでも同じではいられないらしい。


そもそも求められるているものと、
自分がいいと思うものがずれてきた。

頭ではわかっているのだけれど、
自分ではそうは思えない。

そのずれ。

今まではそのずれを、
職場なら職場に必ずわかってくれるベテランがいて、
話すことで解決できていたし、
また上司は上司で動いてくれた。
今は話すところがない。

日常でも少しずつずれてきて、
全部を全部話せる人がいなくなってきた。
昔は話すことでスッキリしたり、
考えがまとまったりしていたけれども、
最近では話すこともためらう。
または会うことも少ししんどくなってきた。


薄々気づいてはいるけれども、
求められていることと、
自分が求めることが違ってきている。


なんとなく今が分岐点だなと思う。
今年これからどう動くかで、
人生が大きく変わる。
そんな時期だと思う。
その中で残るのがなんなのか。

結局自分の人生を振り返ってみると、
大きな分岐点の時は何もなくなった。

それでいて「あーどうしよう」なんて気持ちにならず、
すがすがしい気持ちになっていた。

全部捨てる時がまた来たのかもしれないな。

うつ病 comments(0)
生まれ変わり
プールにスマホを持っていって、
いざという時はその場から救急車を呼べと言われていたので、
スマホを持ってプールへ。
一緒に組んでいる2人はそんなことを考える余裕すらないと思ったので持っていった。

気がついた時には3年半以上も使っていたスマホがお亡くなりになっていた。
水着のポケットに入れておいたのを忘れてプールに入って指導していた。
上がってから気がついた。


やっと冬タイヤから夏タイヤへと替えた。
夏タイヤに履き替えたのはこれもまた2年ぶりくらい。
前に履いていたスタッドレスをそのまま去年の夏に履きつぶし、
去年の冬に新しいものに替えてからそのままだった。

「片減りしちゃってるので、前輪の2本は次取り換えなきゃいけないと思います。」

はい?


どうやらアライメントが狂ったまんまずっと走っていたらしく、
どうやら逆八の字状態で走っていたらしい。

ちなみに頼んだホイールも色違いのが届いており、
それはそれでいいのでそのまま購入した。
タイヤ自体はいい。
タイヤを替えるだけでこんなにも変わるのかという程に。


立て続けに大きな買い物をしたわけだが、
両方とも予期しないことが起こった。
スマホはバッテリーを2回交換する程だったから、
そろそろ変えなければいけないけれどまだ壊れてないからいいやと思っていた。
タイヤは実はそのまま夏も履き続けて、来年の夏も履き続けて、
来年の冬にまた冬タイヤにしてもいいと思っていた。
夏タイヤは夏タイヤで、前の夏タイヤについていた鉄のホイールごと処分してしまったのでホイールも買わなければならなかったし、
そうなるとそれなりのお値段がすると思っていたので。
しかし、この夏に遠出しようと考えていて、
冬タイヤよりも夏タイヤにしておいた方がいいかもしれないな
と思ったのであえて替えに行った。
そうしたら片減りしてたという。

まあタイヤに関しては安全上の問題もあるので仕方がないのと、
初年度登録からもう9年もたつ車なので仕方がないのかなと思う。
スマホももう3年半もたっており、
同じ種類のやつはもはや4代も前のものなのでこれもまた仕方がないのかなと思う。

ちなみにテレビは未だにブラウン管だが、
最近つけた時に色が滲んで数秒くらいうまく映らなくなってきた。


色々なものを新しくする時期に入ったのかもしれない。

実は仕事もうまくいっていない。
最低限度はできているのだろうし、
子どもからも保護者からも上司からも何もクレームが上がってこないからそれはそれでうまくやれているのだとは思う。
しかし、
自分の中ではもはや意味が見いだせなくなっている。
簡単に言うと、
疲れた。

それでも、
この間行った自立支援医療の手続きで仕方なくとった課税証明書の金額を見れば、
人よりも収入はあるのだろうと思うし、
毎日の生活の中でしていることを単に書き記せばうらやましく思う人もいるとは思う。
そもそもスマホもタイヤも一気に替えるってことも中々できないと思うし。
ちなみに今書いているパソコンも起動するときに必ずエラーが出て、
復旧作業しないと動かなくなった。
これもそろそろ寿命だと思う。

新しくする時期に入ってきたのかと思う。

人間関係も崩れてきた。
職場もそうだし、日常もそう。
それもいつまでも同じではいられないらしい。


そもそも求められるているものと、
自分がいいと思うものがずれてきた。

頭ではわかっているのだけれど、
自分ではそうは思えない。

そのずれ。

今まではそのずれを、
職場なら職場に必ずわかってくれるベテランがいて、
話すことで解決できていたし、
また上司は上司で動いてくれた。
今は話すところがない。

日常でも少しずつずれてきて、
全部を全部話せる人がいなくなってきた。
昔は話すことでスッキリしたり、
考えがまとまったりしていたけれども、
最近では話すこともためらう。
または会うことも少ししんどくなってきた。


薄々気づいてはいるけれども、
求められていることと、
自分が求めることが違ってきている。


なんとなく今が分岐点だなと思う。
今年これからどう動くかで、
人生が大きく変わる。
そんな時期だと思う。
その中で残るのがなんなのか。

結局自分の人生を振り返ってみると、
大きな分岐点の時は何もなくなった。

それでいて「あーどうしよう」なんて気持ちにならず、
すがすがしい気持ちになっていた。

全部捨てる時がまた来たのかもしれないな。

うつ病 comments(0)
メンタルが
なんとかやり過ごすしかないよなぁ

うつ病 comments(0)
生きてればいいんです
久々に自分を追い込んでしまった
うつ病特有の思考のループ
別に誰に責められてるわけでもないのに自分で自分を責める

結局自分を許せないんだよね(´・ω・`)
できない自分を許せないんだよね(´・ω・`)
周りのいろんな人と比べてあれもできないこれもできない、そして自分の理想とは程遠い自分を責めるんだよね(´・ω・`)

みんなができてるのに自分はできないとか、
比較してるんだよね
でもさ、自分の今までの人生を振り返ってみるとここまで生きてきただけでも奇跡なのに、普通の人ができることもできるようになったってのがさらに奇跡なんだよね(´・ω・`)

だって、周りからは普通に見えるから

頑張ってきたのは自分が一番知っていることで、周りの人たちは知らないこと

背伸びしている状態が普通に見られてるんだからそれだけでも自分はすごいと思うんだ(´・ω・`)

あの引っ込み思案でいるかどうかわかんなくて、運動もできないコミュニケーションもできない自分がここまで普通に生きられてきたことが既に奇跡だと思ったのね

おそらくとんでもないことを書いてるようだけども、本当にそうだなあって思ったのね

だから、今までちゃんと生きてこられたことがすごいことだと思うし、
これから先はもう何言われてもどうなろうが生きてるだけで十分だと思うのね

そんな風に思います

ほんとさっきまで自分を責めてたけどもうそれはやめる
できなくてもいい
できることがあればやればいい

ほんと生きてさえいればそれで十分だと思う

今までよく頑張って生きてきたと思うし、後はこれから先も生きていればいいと思う

だって、生きてるだけで精一杯だから

神が俺を殺すまで、生きてさえいれば合格だと思う

うつ病 comments(0)
追記
本当に全てあきらめて。
ダメになった方が楽なんだろうな。
と思う。

うつ病 comments(0)
コンプレックス。

ダメになったっていいじゃないですか。
元々ダメだったんですから。

その言葉が好きだ。
元々何も持ってない船出だった。
地元でこさえた貯金は部屋を借りることでなくなった。
布団も家電も何もない中での出発だった。
未だに根無し草のように思っているからか、
思い切った買い物はできずにいる。
それこそ、生活に必要な物だけ買った。
それは今も変わらずにいる。
それこそ本だけは大量に消費した。
本を買ってなければ今頃百万単位でお金が残っていると思う。
それでも今の自分が限界だと思う。
限界の先に理想の自分がある。
年月が経てば経つほどその距離は大きくなる。
今の自分は理想の自分とは程遠い。
頭が悪い。
そもそも頭が良かったら偏差値の高い大学を卒業していると思う。
頭がそもそも良くなかった。

軽自動車を幾ら改造してもスーパーカーにはなれない。
自分は軽トラックなのに、
レースに出て勝とうとするから勝てない。
軽トラは軽トラらしく農道をゆっくり走っていれば良かったのだ。
それをターボ化してボディを補強して軽量化して、
そんなことをしてもレースカーにはなれない。

これ以上どうすればいいのかわからなくなった。
勉強しても勉強しても中途半端に頭がいいから追いつけないことに薄々気づいている。
しかし今更ながらコースを変えることの勇気がない。
本当に頭が悪かったのならそんなことも思いつかず走り続けるのだろうが、
逆に本当に頭が良かったのなら、
こんな努力をせずとも楽に超えてしまえるのだろう。

中途半端。
まさしくその言葉が当てはまる。
まさしく中途半端だ。


全てを捨てて帰らなければいけないことも薄々気づいている。
このまま押し通すのもそろそろ限界だと気づいている。
結局帰ってもどうしたらいいのかわからないし、
自分にとっての正解がわからない。
だからと言って、
世間の正解に合わせる気にもならない。
いや、自分にとっての正解にも気づいているが、
到底そこにはたどり着けないだろうということもわかっている。

もはやきれいごとでは通用しない。
なりたい自分とか、
夢とか希望とか、
そんなものは遠いはるかかなたにあるもので、
自分なんて何回生まれ変わってもその境地にはたどり着けそうにない。
そもそも中学あたりに戻って勉強して有名大学に入ったとしても、
その先どうする。
いや、元々大学なんて行くつもりもなく、
違う道に進もうと考えていたけれども、
当時の僕には上京する術も他の道へ進む術も知らなかった。
今の頭で戻ることができたとしても、
同じような道を辿るだろう。
自分という人間が思い描く場所にたどり着ける性質ではない。
知らない方が良かったと思うこともある。
夢は夢のままであった方が良かったのかもしれない。
まさしく中途半端に叶えたものだから苦しい。

もし、あの時こうしていたならば今とは違った人生だったろうな。
と、
酒でも飲みながら誰かと語らっていたかもしれない。

それでもあの頃の自分に比べれば今の自分はだいぶマシになり、
むしろ社会生活をまともに送れていることが奇跡なんじゃないかと思ったり、
よく死なずにひきこもりにもならず、
友人もでき、
こんなんでも一応女性とお付き合いができたり、
そんな、普通の人ができるようなことを一通りできただけでも幸せなのかと思う。
昔の自分からしたら到底無理な話だったから。

結局今の自分は死にそうになりながらの努力の結晶であり、
死んでいても犯罪を犯していてもおかしくない人間が、
こうしてまだまともに生きていることがすごいと思った。

あの頃に比べたらとんでもなく幸せな生活を送れていると思う。
だから理想と比べるのは愚問であり、
それはあくまでも夢物語と思っていた方がいいのかもしれない。
とはいうものの、
おそらくその理想へのきっかけが見えてきたのだろうから夢を追おうとしているのかもしれない。
はなっから無理であればそんなことも思わないのだろうから。

恥ずかしい話だが、
友人を作ることもできなかった自分が、
こうして友人ができ、
女性と話せなかった自分が、
女性と曲がりなりにもお付き合いをして、
人前で話せなかった自分が、
人前で話す仕事をしている。

こうしてできないことを乗り越えてきた歴史がある。
話すのが苦手。
人付き合いが下手。
人見知り。
運動音痴。
そんな話をすると今では信じてもらえない。

しかし元々そうだった。
本を読むことだけができることであり、
その他はまるでダメの男だった。

結局今あるものはコンプレックスの裏返しで、
全ては努力でつかみ取ってきたものだと思う。
そりゃ疲れてしまうのは当たり前のことで、
しかし人は元々自分はそういう人なんだと捉えるから、
この人はわけがわからない。
という解釈になるのだろう。

元々の自分でいられたらこんなに悩みはしなかったかもしれないが、
死んでいるか諦めているか捕まっているか、
そんな風に思う。

元々人間が与えられているものがなかった。
それを自分で作り上げてきた。
そういう歴史だと思う。
みな人それぞれにそのような物は持っているのだとは思うが、
自分にとってはきつかった。
よくまだ生きているなあと思う。


知的、情緒、その他障害をもつ人にスッと好かれるのはそちら側の性質も持ち合わせているからかもしれない。
また、赤ちゃん、幼児などにスッとなつかれるのもそのようなある意味「弱者」と同じ性質を持っているからなのかもしれない。

つまり「お前」は仲間だと、
そのように感じるのかもしれないな。

その位のコンプレックスを抱えながら社会生活をまともに送っていると疲れ切ってしまったのもよくわかる気がする。

ダメになったっていいじゃないですか。
元々ダメだったんですから。

つながりを考えれば今まともに生きているのはすさまじい。
ほんとそんなことを思う。
おそらく親でもわからないだろうな。
自分というものを主観的に見ると本当にすさまじい。

と思うのだがどうだろうか。
過去の自分。
そして未来の自分よ。

JUGEMテーマ:日記・一般


うつ病 comments(0)
1/18 >>

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode



-教育ブログ-
にほんブログ村 教育ブログへ
↑もしよかったら1クリックお願いします(*´∀`*)ノ

-ビジネスブログランキング-
ビジネスブログランキング
もしよかったら1クリックお願いします。