人生スローカーブ(*´∀`*)ノ

水のように生きていたいものです。
みんなどこへ行った?
みんなどうしたかしら?
みんなどこへ行ったのかしら?

そんなことを思う


真面目にやって良かれと思ってやっている
それが裏目に出る
やり方があまりよろしくないとは言われるがではどうしたらいいのか
解が見つからない
とっくの昔に自分の持っている解は古くなってしまって
それはもはや解ではないのかもしれない


というより人種が違うのか

いくらでも踏み出せるし飛び出すこともできる
いや、解は知っている
しかしその解は自分の解ではないのだ


みんなどうしたかしら
ほんとにそう思う

あそこにいたみんなはどうしたかしら?
希望や夢を失ったら生きていくのは難しい
いつの間にかそんなことを考えることもなくなって忘れるどころか頭からぽっかりなくなってしまった気がする

あなたの夢はなんですか?
それをない
とかいう子供もいたりする
子供ながらに生きていくことに希望など持てないのかもしれない

大人の姿を見てればそうだよね、ねぇ(´・ω・`)


なんてことも思うが

離任式をやって、
うちの子供たちが号泣した

他のクラスの倍以上泣いている

あー、
去年の方がよっぽど良かったと思っているのか、
はたまた感受性が強いのか
よくわからない

しかし自分が受け持つ子たちは何故か気持ちが解放されるらしく、
言いたいことを素直に言い、
やりたいことを素直にやる

誰も評価してくれないが、
それが1番いいことだと思うのだが


やりたいことをやり
言いたいことを言う
それが1番ではないのか


時代にそぐわない
なんてことは今までも書いてきたが、
模範解答を知った上での外しなので、
どう思われたってわかる人だけに分かってもらえばいいが生きにくい


わかる人だけの世界で生きていけたらそれは楽でいいだろうなと思う

仲間はどこへ行った?
自分が一緒にいたい人たちはどこへ行ったというのか


ほんとステージを変えなければ生きている意味がないような気がするし、
ある意味昔から自分は変わらないんだよね(´・ω・`)
という気もする


職人気質と言えば聞こえはいいが、
時代の流れやそんなものに適応していけない化石みたいな人種な気もしている
そこが良さであり弱さでもある
不易流行とはよく言ったもので、
不易なものがたくさんあり、
後は流行をなんとかしないといけないのかもしれないのと、
現状にあった手立てをとるしかない

それは周りの大人たちには理解し難いことでもあると思うけれども、
そうやっていくしかないのだと思うのだが

一口に仕事とはいうが、
仕事と人生と生活と人間関係と自分の生き方と

高次元でギリギリのバランスを保つしかないのと、
今が最善なのと、
後は待つしかないのかということと


みんなどこへ行ったのかしら?

そんなことを思った歓送迎会後の静かな夜

行く先 comments(0)
変換
仕事第1主義から自分第1主義へ
とは言っても仕事をおざなりにしたわけではない
むしろそうした方が仕事がよくできた
期待もしない無理もしない
ただやるべきことやった方がいいことを淡々とやる
自分に余裕がないとうまくいかない

昨日J-WAVEのアンテナを聴いてそう思った
野村訓市さんの放送
死んだりケガしなければそれでいい
後は緩いブラックなジョーク

海外での旅の生活の話

こんな生活ができたらいいなと思う反面自分にはできないなと思ったりもするけれども、
生きててケガしなければ後はどうにでもなる大丈夫
という言葉に救われた

そして休養

病院からもらってきた小冊子を見て、
そんなことを思う
自分にとって大事なのは何?


自分とその自分が大事に思っている人に時間や気持ちを割けばいい

そんなことを思った

それが広がればいい

行く先 comments(0)
ユーザー
一億総ユーザーになってしまったようだ
こちらはディーラー

文句を言うようになったらユーザー
あくまでも自分はディーラーでいたい

思考 comments(0)
帰ろう
どうもこの時間はきつい

やりたいようにやりたいわけだが何故だろうかうまくいかない
というよりも多すぎるのだ、やることが
良いように言えば自己裁量
悪く言えば放任


そもそも何をしていいのやら(´・ω・`)ということになる

そもそもやりたくない
ということになる(´・ω・`)

人のために時間を使い、常に頭はそこにある
誰か救ってもらえないものだろうかとも思うのだが

こんなもんだと思えばそれでいいのかもしれないけどねぇ

時間と自由が欲しい
普通の人と比べたら裕福なのかもしれないが


親と話せば自分が子育てしてた時とは学校はまるで違うという
学校だけでなく時代も社会も違うのだろう

お母さんも働くのが当たり前になった
預けなければ生きていかれないという
というよりも専業主婦って今どのくらいいるのだろうか


2人で働かなければ食っていかれないのならばシングルはどうなるのだろうか

というよりもいつからそうなってしまったのか

自分が子供の頃は母親もフルタイムなんて珍しかったと思うのだけれども

今では働いていない方が珍しい


と思うのだが

こんなんでは何をしているのかわからなくなるな(´・ω・`)

行く先 comments(0)
若者の凄さ
若手はすごいね
当たり前のように映像資料やらいろんなことを集めてやっている

まるで昔の自分のようだ


あの頃はそういうことをやるとずるいとか色々と言われて大変でした
とは言ってもその方が効率も良く口で説明するよりもわかりやすく子供たちにもウケが良かった


やっと時代が追いついてきたのかもしれないね

教師が下手な説明するよりもよっぽど上手な模範を見せるなら別としても映像資料があるなら活用した方が良い

最近は授業の他に様々な仕事があるから中々研鑽が詰めないのと、
体力がなくなったんだろうなぁと思う

とりあえず寝たい

仕事 comments(0)
多忙感
忙しいというか忙しい気がする
現にそう見えるようでお忙しそうですねと言われる


しかしそれでは修業が足りない

忙しく見えるのはまだまだな証拠なわけで、
人の見えるところでは優雅にいたい

忙しいということは人に使われている証拠であり、
主導権は向こうにある

こちらが主導権を握りたい

仕事 comments(0)
frip side
元々こういう音楽が好きだ
調べてみると浅倉大介が好きな人が作っているらしい
その浅倉大介は小室哲哉とつながる
B'zも好きだ
これも小室哲哉とつながっている

小室哲哉が好きだ
90年代の小室フィーバーに乗っかった世代だから

音飾の使い方
メロディーライン
コード進行
つぎはぎしたような歌詞だけど切ない

疲れている時にはこういう曲が染み渡る

正直しんどい

学年主任になり、
組む先生たちは経験年数を2人合わせても自分には足らない

当然ながら仕事の先が読めないから自分が先回りする
こういうことを今までは一緒に組んでた経験のある先生たちがやってくれていたのだろう
また、昨年もそうだったのだろう

見えないものが見えてくる

自分も久しぶりの学年で勝手がわからないのにそれでも2人に教えながら進めなければならない

正直しんどい
独り立ちしてくれないかなあとも思う

その上教育実習生を持ってくれと頼まれそうだ

自分のはできて当たり前だから他の先生たちや学生を育ててくれということなのだろう

いや、正直しんどい(´・ω・`)


もっと適当にできればいいのだろうが、子供たちの笑顔を裏切るわけにはいかない

発想の転換が必要だ

自分が引っ張るのはいい
だけれども少しずつチームとしていかなければ自分が潰れるな

子供たちにも自分たちで頑張っていってもらえなければ厳しい

同じ方面を向いてそれぞれ役割を決めていこう
でなければきつい

今はまだ始まったばかりだから頑張ることができるがこれが1年となれば難しいだろう


やる気を出させる
自分で考えさせる
自分が教師として生き残っていくためにはこの2つが必要不可欠だと思う


こっちが1人で頑張り続けるのは無理だ

それは一緒に組んでいる若手教員たちにも言えることで、
周りの力を上手に引き出してチームにしていくしかない

今は自分が指示を出したりやったりしているけど、
それぞれが自分から動けなければこの船は沈む


逃げ出すのも1つの方法

もっと楽な道に進むのもいいかもしれない

現場で自分に辞められると困る
と言われるくらいにはなっているが、
そのくらいに思ってくれている状態で辞めたい


実は地元の就職先を探すことを始めた

地元の教員採用
地元の県職員採用
地元でやらないと体も精神ももたない
というのもある

1人でやり続けていくことに限界を感じだした

また、ここで結婚しても子育てとかそういったものができないのではないかとも思っている
当然、奥さんの実家が近ければそんなこともないだろうが、
お互いに地方出身者であれば厳しいと思うなあ

嫁さんが働きながらだと余計に難しいと思うし

地元に帰って再就職するか
ここで再就職するか
ここで自分にとって楽な仕事につくか

そんなことを考え出した

最低でもこの1年はやり続けるとしても、
その先は考えにくいなあと思っている

逃げ出すのも一考


しかし上に行くのだけは避けたいと思ったし、
どうやら上にいかなくてもよくなりそうだ

それならば今の立場でやり続けるのならばまだ我慢が効くかもしれないがね

上に行ったら死んでしまいそうな気がしている

土日出勤して平日も朝開いてから夜閉まるまでやっても終わらない仕事
現場を離れても毎日午前様になる仕事

そんな上を見てるととてもやっていけるとは思えないし


だからある意味ラッキーなんだと考えられるようになった


突き抜けて1番上にいけばまた別なのは知っているけれど、
そこにたどり着く前に朽ち果ててしまいそうだから


そんなこんなでいろんな道を模索している最中です


今年先生になった皆さん
うまく周りの先生に頼ってくださいね
この世界には真面目な人が多いし、
人を助けてあげようって気持ちを持っている人が多いです

1人で無理な場合は、ってか2週間たって限界もう無理と思ってる人が多くてメンタルも体もズタボロだと思いますが、先輩の先生を頼りましょう

どこの学校にも信頼できる先生が1人はいると思うのでその人に遠慮なく泣きつきましょうね

でないと私のように心を病みますので…

思考 comments(0)
10年後この世界はあるのだろうか?
自分だけが疲れているわけではない
そろそろみんな疲れがピークである
そろそろ無理がきかなくなる頃だ
産休代替の方は指導教官もいないのに1人で担任
しかも初めてなので右も左も分からない
昨日あたりからきつそうだった
今日軽く話を聞いてみた
大したことはできないけどねぇ(´・ω・`)

自分もきついのに若者たちはさらに大変なことだろう


昨日の夜の自分だが、
経験と悪戦苦闘したあげく自分を責める

結論として
「生きてるだけでいい」
ということになったら気持ちが楽になった

生きてるだけでいい
後はできることはやるけどできないことはやらない

と思った

数年前に、
この世界は壊れる
と書いたと思うがそうなってきた
もはや組織の体をなしてはいない

どうやら本店もそうらしい

やることが過剰で処理が追いつかない

結果的に現場レベルでなんとかするしかない

逃げ出すのが得策だと思うなあ


ほんとうちの本店から何からまた0からやればいいと思う

今年1年できたら後はいいと思うようになってきた


偉くもなく若くもない



中途半端に偉くなるとそれこそきつそう
学年+1人つければいいと思う

それこそ近隣自治体のように

使いもしない物に金をかけるのなら、学年1人とは言わない、学校に1人でいいからフリーの教員を置いたらそれだけで捗ると思うのですがね


それでも一校あたりのコストは1000万か

それだけの価値はあると思うのだが

毎日学校が閉まるまで働いて、家に帰っても働いて、土日も働いている人がいる

当然過労死レベルの残業80時間ラインはとっくに超える


年々色々なことが厳しくなっている
まるで教員潰しだな

行く先 comments(0)
生きてればいいんです
久々に自分を追い込んでしまった
うつ病特有の思考のループ
別に誰に責められてるわけでもないのに自分で自分を責める

結局自分を許せないんだよね(´・ω・`)
できない自分を許せないんだよね(´・ω・`)
周りのいろんな人と比べてあれもできないこれもできない、そして自分の理想とは程遠い自分を責めるんだよね(´・ω・`)

みんなができてるのに自分はできないとか、
比較してるんだよね
でもさ、自分の今までの人生を振り返ってみるとここまで生きてきただけでも奇跡なのに、普通の人ができることもできるようになったってのがさらに奇跡なんだよね(´・ω・`)

だって、周りからは普通に見えるから

頑張ってきたのは自分が一番知っていることで、周りの人たちは知らないこと

背伸びしている状態が普通に見られてるんだからそれだけでも自分はすごいと思うんだ(´・ω・`)

あの引っ込み思案でいるかどうかわかんなくて、運動もできないコミュニケーションもできない自分がここまで普通に生きられてきたことが既に奇跡だと思ったのね

おそらくとんでもないことを書いてるようだけども、本当にそうだなあって思ったのね

だから、今までちゃんと生きてこられたことがすごいことだと思うし、
これから先はもう何言われてもどうなろうが生きてるだけで十分だと思うのね

そんな風に思います

ほんとさっきまで自分を責めてたけどもうそれはやめる
できなくてもいい
できることがあればやればいい

ほんと生きてさえいればそれで十分だと思う

今までよく頑張って生きてきたと思うし、後はこれから先も生きていればいいと思う

だって、生きてるだけで精一杯だから

神が俺を殺すまで、生きてさえいれば合格だと思う

うつ病 comments(0)
どうでもいい男
使い勝手がよい
後を引かない
他にいい人がいいと思われている

所詮触媒な人生なわけで、
そういう風に生きていくようにプログラムされているんだろうなあと思う
永遠の2番手
それでもいいとは思うがちとさびしいよね(´・ω・`)

結局は自分らしくしているしかないわけだがね(´・ω・`)

行く先 comments(0)
1/121 >>

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode



-教育ブログ-
にほんブログ村 教育ブログへ
↑もしよかったら1クリックお願いします(*´∀`*)ノ

-ビジネスブログランキング-
ビジネスブログランキング
もしよかったら1クリックお願いします。