人生スローカーブ(*´∀`*)ノ

水のように生きていたいものです。
停滞と迷い、そして
これで良かったのかと思うことがある
その時点では最善だと思われる決断をしてきたわけだけども、
捨てた選択肢の方が正解だったような気にもなる

結局捨てた方を選んだとしてもそれはそれで後悔してしまうのだろうが


人にうらやまれる人生
褒められる人生

現時点ではそうらしい
納得してないのは自分だけだってさ


いい生活してるね
うらやましいよ
リア充だよそれは

などなど

仕事でもあてにされ褒められ、
だけど一向に心に響かないのは何故だろう?

いや、答えはわかってるんだけどね
ただ怖いだけで、
正解だと思われる方を選びとっているだけだから
しかもギリギリのラインで


だからいつも危うい



その気になれば結婚もマイホームもできるんだろうけども、
あまのじゃくだからか、
ただ単に怖いんだろうね

決定してしまうのが

いつまでもモラトリアムでいたい
そういうものが根底にあって
自分の思い描く人生を生きようと思ったら踏み出すしかないんだよね

だけど怖いから安定にしがみつく

それが泥舟だと知っていても


泥舟だ
どの船も


それを沈む前にまだ沈んでない泥舟にしがみつく

さっさと陸に上がればいいものの

どの陸に上がっていいのかわからない

だからまだ切羽詰まってないんだよね

一度本当の地獄に落ちてみないとわかんないんだろうね

結局いつまでもセーフティゾーンの中にいるまんまうだうだ不平不満を言って死んでいく

それがぴったりなのかもしれないな


猫に小判
豚に真珠とはよく言ったもので

価値がわからない


理想とする生活ってのは、
おそらく到底実現できない
今ある中で最善の選択はしてきていて、
その中ではこれ以上ないほどのバランスで保っている



悩むってことは迷うってことは答えがないんだよね
それか、1番見たくないところに答えがある


普通に働いて
普通に生活できていて
あの頃に比べれば幸せで、
それでも欲が出る

やっと人並みになってきた

と思うんだけどなぁ

それでもやっとスタートラインに立てそうで立てない自分がいる

人生偏差値からいったら自己評価で45くらいだと思う

他己評価だとそんなことはないんだろうが

行く先 comments(0)
スタバ
到着時刻を1時間間違えた

急いだのはなんだったんだろうとか思いながらも、
空いた1時間を楽しむことにする


久々のスタバ
元カノがスタバ店員じゃなかったらこんなに気軽にスタバには入ってなかったと思う

ほうじ茶ティーラテ全部ミルクで


甘くて美味しい
しかも優しい甘さ

こうしてカスタムオーダーできるのも教えてくれたから


久しぶりに入った
ほんと


店員さんは変わらず笑顔だ

思考 comments(0)
疲れたぁ〜

疲れたね。

立場逆転というのは生まれつきなのだろうか。

上司の愚痴を聞き、

それって本当は俺がすることじゃなくて、

俺が逆にすることじゃないのかと思ったりもする。

それでいて上としての仕事もする。

自分の仕事は後回しになる。

そもそもその場しのぎになる。

 

楽に見えるんだろうけども、

楽ではないぞ。

来年同じ立場になった人はどう思うのだろうかとも思う。

JUGEMテーマ:学問・学校


仕事 comments(0)
学校バンド
2曲やる
去年までは大御所がドラムを叩いていたから自分は歌っていた
というか、新しく来た人は問答無用で歌えということだったので。

んで、大御所が抜けたので私がドラムを叩けることになった。
本気で叩こうとしたら、
それだとまだ合わせられないという空気感が漂う。
なので仕方なく、
音を絞ってリズムキープだけに留める。
本当は好きなように叩きたいのだけれども、
そうなると私だけが目立つらしい。

まぁ職場だしなぁ(´・ω・`)
しかも新人が歌っているのがメインということなので、
控えめにしつつもそれなりの演奏をしようと思います。


んで。
ほめてくれる人とスルーする人に別れる。
ほめてくれる人は器がでかいんだろうなあと思う。
スルーする人はおそらく、
「え?なんでこの人がこんなに叩けるの?」
ということなんだろうと思う。
なんもできないと思ってて、
ドラム?できんの??
的な感じなのでしょう。
それが叩かせてみたら意外と思ってたよりも叩けている。


昔バドミントンでもあったなあ。
練習の時はなめてかかってきてて、
じゃあ試合ね(´・ω・`)
ってなった時に相手が思っていた以上にできてシーンとなってしまったことが。

私。
見た目的にスポーツとか音楽とかできそうにないんです。
それが意外とできてしまうものだから、
相手としたらなめてたのに負けたりするもんだから面白くないんだろうなあって。

でも、
その中でもちゃんと評価してくれる人ってのは世の中でも成功していく確率が高い人なんじゃないかなあって思いました。

とりあえずバランスをとってみたいと思います。
でも叩いてるのは楽しい。

JUGEMテーマ:学問・学校


仕事 comments(0)
自分のために。
土曜日は学校公開。
今日は休み。
明日は代休なしで普通の勤務。
4日行ったら三連休。
バンド仲間と温泉旅行。
本当は今日東京モーターショー行きたかったが体力の限界。
三連休温泉の後、
最終日に行こうかなとも思うが、
その時にも体力が残ってなさそう。

学校でドタバタして、
自分以外の仕事をたくさんやって、
それでも自分の仕事はなんとかして、
学校公開ほとんど準備しないで臨んだけれど、
それでも一番と言っていいほどの授業ができた気がして、
アンケート読めばそんなこともないのかもしれない。


本当に自分のために時間を使うことが少なくなった。
こんなに準備しなくてもいいのかという位に。
普通の授業。
普通の展開。
子供たちに合わせてその場その場で展開していく。
その方が自然な授業ができると思うんだ。

さてまた1週間が始まる。

JUGEMテーマ:学問・学校


仕事 comments(0)
決断
決断した。
喜ばれた。
喜ばれることはいいことだと思う。

夕べ3時頃まで考えて、
そうした。
これでいいのかどうかは始まってみないとわからないわけだが。

JUGEMテーマ:日記・一般


行く先 comments(0)
台風
台風が来て登校が2時間遅れ。
休校になる自治体とか学校があって、
正直羨ましいと思ったりなんだり。

どうもやる気にならない中やるしかない(´・ω・`)


久しぶりに何故かカーネギーが読みたくなる。
毎日持ち歩いている割には開けなかったカーネギー。
そこに答えがあることはわかってはいるが、
それを見てしまったら辛いと思っていたからだろうか。

初めから何ページか読む。

それからこれもまた毎日持ち歩いている割には開くことも書き込むこともしてなかった手帳を久々に開いてみる。
10月分のリフィルが入っておらず、
最後に開いたのはどうやら8月のようだ。
仕方がないので先月の同じ日にちの真っ白なリフィルで代用。
スケジュールを書き込み、
タスクを書き込む。
そして、
カーネギーに言われたとおり、
砂時計の砂、一時に一事のこと
の通りにやっていく。
遠くにぼんやりと見えるものではなく、
手近にはっきりと見えるものをやる。
1日の区切りで生きる。
就寝までの時間を生きることで満足する。
未来とは今日のことです。明日など存在しない。
などと言いながらとにかくやるべきことをやる。



久しぶりに仕事が捗った。

帰ってきてからはだらっとしてしまい、
電話をして、ネットを見て、
ジムに風呂だけ入りに行き、この時刻になってしまった。
それでもいいと思う。

カーネギーとフランクリンプランナーがなければ仕事は終わってなかった。
いや、あったけど、
使ってなかった。
使ったからできた。

これからまた明日の予定を書きこむ。
私は明日の問題を解決するために自分の時間を使っており、
悩んでいる暇はない。

そんなことも書いてあったような。


閑話休題。
ゲッターズ飯田の本を買った。
自分の思想に近く、
納得できることが多いので、
あながち外れてはいない。

しかし、
来年は解放の年と言うが、
どの方面から解放されるのだろうか。
明日、
専門家に話を聞いてくる。
自分の中では答えは出ているのだけども。
どうも確信がもてない。
「時計」
というのもあながち間違いではないらしい。

JUGEMテーマ:日記・一般


行く先 comments(0)
幸せ論
まぁ何が幸せなのかと(´・ω・`)
こんなこと考えるときは大抵ろくでもない頭の時で、
ふと気がつくエアポケット

何かを手に入れようとする限り永遠に幸せにはなれない

お金、物、そんなものをいくら手に入れても幸せは感じられない

結局人と人との繋がりの中でしか幸せは感じられないし、
それは頑張ったからといって手に入るものではなく、
気がついたら自然と周りにあるもの

そして人と比べることができないもの


同じ条件の人が2人いるとしても、
一方は幸せ、片方は不幸せ

そんなもの

思考 comments(0)
思い出す
10ccのI'm not in love

オープンアームズとか、色々


そういうのが聴きたくなる


今日は1日中J-WAVEを聞いていた

後は掃除とか今更ながら衣替えとかトイレ掃除とか諸々
生協のお弁当がうまいことに今更ながら気づく
ご飯がおいしい


雨続きのせいか具合が悪い
調子が悪い
人と会いたくないし話したくない


iPhoneは1日中おやすみモード
着信が鳴らない


10年くらい前は、いや、もっと前はケータイが1日中鳴らなくてそれが辛かったっけ

今は鳴ってほしくない


お金も友人もいない時代があった
それを振り返るわけでもないが何故かいつもあの公園に行きたくなる

なにもなかったあの頃を思い出したくて


バンプの曲じゃないけれど、
何かの作品じゃないけれど、
今は会いたくなくても人が周りにいる贅沢

あの頃はなにもなかったのになぁ

思考 comments(0)
カブ号

久しぶりにスーパーカブが国産になるということを聞いた。

ライトのデザインも元の丸型に戻るという。

色も昔乗っていた色があり、とても気に入った。

またあのカブ号でトコトコとゆっくり走りたいと思った。

 

夜が長い。

久しぶりに本を読みたくなる。

と言っても本は

JUGEMテーマ:日記・一般

いつも読んでいるんだけど、

久しぶりにまた心理学の本をつまみに布団に入ろうかな。


思考 comments(0)
1/127 >>

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode



-教育ブログ-
にほんブログ村 教育ブログへ
↑もしよかったら1クリックお願いします(*´∀`*)ノ

-ビジネスブログランキング-
ビジネスブログランキング
もしよかったら1クリックお願いします。