人生スローカーブ(*´∀`*)ノ

水のように生きていたいものです。
ひと段落
研究授業も終わり、試験も終わった
今日はひと段落
明日からは運動会関係
息つく暇もない


「教師の多忙感についてどう思いますか?」
と質問されたが、
多忙感じゃなくて多忙

勤務時間が決まっているから、
その中に全部詰め込むことになる
休憩時間もない
いや、あるが
休憩している人など皆無

当然
授業準備、会議の準備等、
自分1人でする仕事は勤務時間外になる
知らない人も多いが教師には残業代はない
自分から進んで残っている
という考え方である


「多忙感」
ではなく、
多忙

せめて休憩時間があればいいのだが…

そして、勤務時間内に終わるように仕事内容や仕事形態を変えていきたいわけなのだが…



とかなんとか言うと、
あなたは教育を舐めてるのか?
なんて言われそうなんですがね…

労働者と考えるのか
自営業者と考えるのか
はたまたそういうものだと捉えるのか…

先生辞める
なんて言うと、

えー、もったいない
と言う割には、
じゃあ変わってくれる?
と言うと、
それはちょっと…
私にはできないから…

なんて言うあたりが物語っているよね

仕事 comments(0)
さてと
たまたま空いていた席を取る
後一席だった
ラッキー

新幹線にたくさん乗ってきたのだが、
今回初めてえきねっとに登録してスマホから予約をかけた
こうしなかったらおそらく取れなかっただろうなぁ〜


明日は何を聞かれるのか
そして何時に帰れるのか
帰ったら帰ったでまたすぐ研究授業だ
準備??
そんなもの大してしていない
指導案を作るので精一杯だったから…

明日は試験で
明後日は研究授業で

両方とも怒られるんだろうなぁ…とは思ってる
でもこれが今の自分の実力だから仕方ないなと思う

昨日からずっと片翼の天使聴いてる

明日がおそらく自分にとっての転機になりそう
無意識のうちにラスボスに近づいてしまったんだろうなぁって思ってる


今日自由人と言われたけども、
ほんとの自由人ではないぞ

枠を最大限に広げた中で動き回ってるだけだからなぁ〜

とはいってもこんなに移動したりいろんなとこに行ってる社会人もいないんだろうなぁとか思ったりはする


ほんとは所属かないで仕事してたいんだ

仕事をしたくないわけではないから

枠がないところで自由にいたい
仕事が仕事だと思えないように仕事をしてたい

好きなところに好きな時に行けて、
自由気ままに…


さて、今回落ちても受かってもどっちでもいいんだけども、
呼ばれた方へ行きます


今のままでも構わないし、次のところでも構わない

大きいところから見たら大して影響はないからね(´・ω・`)

おそらく影響が出るとしたらこの業界から卒業する時なんだろうなぁ〜

おそらくそれも自然に分かる時が来るだろう

行く先 comments(0)
こんなものとは思いたくない。
怒涛の一週間が過ぎた。
とは言ってもまた怒涛の一週間が始まる。
いったいいつまでこの日々が続くのだろうと思うのだが、
同じようにやっていればいつまでたっても同じような日々が続くのだと思う。
それに慣れるのか慣れないのか。
慣れてしまえばそれが日常になる。
いつの間にやら慣れてしまいそれが日常になる人が多いのだろう。
そうなってはいけないと自分は思っている。

「鈍さになれるな」

そんな言葉を知る。

JUGEMテーマ:日記・一般


思考 comments(0)
おっさん
日本中のおっさんが働かなかったらどうなるのだろう?
ジムの風呂でおっさんを見ながら
そんなことを考えた
自分も十分おっさんなのだけども

思考 comments(0)
積み重ね
話をしていて

自分はうつ病になる前とうつ病になった後では若干人間が変わったような気がする


本を読んだ
音声を聞いた
それが今の自分を形作っていることに気がついた
自分が話すことが自然と口に出ることが今まで学んできた本や音声の言葉から出てきている


できることをすること
最悪の状況を受け入れること
そして今できることをすること
悩みのほとんどは妄想にすぎず、
そのほとんどは起こらないし、
100%今まだ起きていないことだから、
何をすればいいのかわかれば後は実行するだけだ


しかし悩みの渦中にいる時はそんなことなんて役に立たなくて、
自分の作りだした妄想が全てのように感じられて、
どうにもならなくなる
とにかく逃げたい
とにかく抜け出したい
とにかく答えがほしい
それだけになる

そういう時は掃除をする
そのうちに少しずつ違った考えが浮かぶ
自分の場合はそういうことが多い
おそらく、自分にとってできることは掃除なのだと思う
掃除をしているうちに、
そのうち何をやればいいのか少しずつわかってくる
それでも怖くて怖くて仕方がない
それでもできることをちょっとだけやる
そうすると少しずつ怖くなくなってくる

慣性の法則
動かすまではずっと留まっている
動き出せばそのまま動き続けようとする

摩擦力は、
動かすときに一番邪魔をする
一度少しだけでも動くことができれば摩擦力は軽減する
そういうことなのかなあと思う

今日も起きてから
少しだけ怖かったが、
少しだけ動くことで気持ちが楽になった。

そういうことの積み重ねなのだと思う。

JUGEMテーマ:日記・一般


思考 comments(0)
ワーカーホリック
逆に逃げることから向かうことでやってみた
疲れ切ってたらしく、
12時間くらい起きずに寝ていた
こんなに起きずに寝てたのは何年ぶりだろうか?

その結果として、プライベートはないが仕事はうまくいってるような気がする
仕事中毒ってのはこういうことなのか
との体験

やらないで怯えてなんとかやり過ごすのと、
とにかく仕事しまくって悩む隙を与えないのと
どちらもあんまりよくないと思うし、
人間らしくないような気がする

上司たちが働きまくってるのはこんな感覚なのかなと思う

仕事 comments(0)
疲れの向こう側
慣らし運転もそこそこにいきなりフルスロットル。
ほんと、寝ているか仕事をしてるかの4日間だった。
今朝なんか朝なのか昼なのか夜なのかわからん。
昨日は帰ってきてご飯を食べた後服も着替えずに寝ていた。
起きたら朝の4時半。
今からしっかりお風呂に入って眠りたい気分なのに起きたまま。
仕事には行かなければならない。
しかし、準備も何もできていない。
授業の準備以外の仕事がありすぎて、
結局家に持ち帰ってご飯以外は仕事。
寝てしまった昨日は準備も何もないので、
早朝から準備をする。

疲れの向こう側が見えた。

でも、今日が終わって、
後は楽になりそうな気がする。

久々に週末はゆっくりと休みたい。

JUGEMテーマ:学問・学校


仕事 comments(0)
君に届け
昨日飲んで帰ってきて、
朝起きたけど、眠くてまた寝て、
それでもまた不安と恐怖が襲ってくる。
とりあえず昨日持ってきた道具を使って仕事を始める。
しかし震えるやら頭がまとまらないやらでどうにもならない。

とりあえずご飯を食べた後だけども。

仕事をしつつ、
しかしどうにもならないので片づけをする。
本を片付けているとマンガが出てきた。
どうせ読まないだろうと売った時に売り忘れたやつ。
「君に届け」
3,4,5巻だけが残っていた。
1,2巻はだいぶ前に読んで、
その後はなぜか読む気にならなくて、
そのまま放置してあったらしい。
とりあえず売る前に読んでみるか。
そう思って読み始めたら。

おもしろい。
久々に面白くて読みふけってしまった。
頭の中がクリアになる。
それでまた仕事に戻る。
そして飽きたらまた読む。
そして仕事。
その繰り返し。
あんまり面白いのでその後の巻も買ってきてしまったくらい。

恐怖感や不安感がなくなるだけでなく、
久しぶりにドキドキワクワクしたし、
まだ自分にもこんな気持ちを感じることができるんだって思った。
マンガってすごいなって思った。
真面目な本ばかり読んできて、
無間地獄にはまっていたのかなとも思った。
マンガや映画をこれからはもっと見たいなあ。

JUGEMテーマ:日記・一般


元気になるために comments(0)
完璧主義者と真面目主義
まぁきてくれてよかった。
無事に終わってよかった。
そんなところだろう。
私は前日当日と七転八倒だったが、
慣れるまでは仕方がない。
しかしどうにもならないので自己分析後学校へ道具を取りに行く、そして病院。
友達を呼び出して飲む。
とにかく怖いのと、妄想だとわかっていてもきつい。
結局のところ、その怖いのと妄想をやっつけようと思った。
まぁ嫌なんだけども。
それでも続けるからにはなんとかしなければならないし。
こんなに怖いのに辞める気にならないのはなぜなのか。

とか思うわけで。
やめてしまえば治る。
そんなことなのだろうか。


いろいろと考えることはあるが、
真面目すぎるんだろうな。
いろいろと。
もうちょっと適当に物事を考えるとか、
だらっとするとか、
そういうところなのだろうか。

本屋で見たシナリオ設定集の
「完璧主義者」
の欄に書かれていることがまるで自分のことのようで、
思わず笑ってしまった。

JUGEMテーマ:日記・一般


うつ病 comments(0)
色々な人
久しぶりにたくさんの人と会ったが、
まぁ色々な人がいる。
その中でも本当に優しい人もいるし、
そうでもない人と、
嫌な人もいる。

自分の子ども時代を考えても、
全員と仲良くできたわけでもないし、
むしろ嫌な人も多くて、
それが大人になったからといって全員と仲良くなれるわけでもない。
大人だから、
仕事だから仕方なく付き合う人もいるし、
そうでなくても優しいなあって思える人もいる。

人を悪く言わない優しい人が好きだ。

そりゃみんなそうだと思う。
でも、そういう人たちに優しくされたり、
一緒に飲みに行こうって誘われたり、
そんな風にされるとやはりうれしい。

逆に、
普通にしていても傷つけてきたり、
何故か嫌われたり、
そういうこともある。


今日は、
優しい人、
普通の人、
苦手な人。
そういうのがよくわかった。

ちなみに同じ職種の人よりもその他の職種の人と仲良くなることが多い。
私は先生だけれども、
本当に先生っぽい先生ではないのかもしれないな。
そんな風に思う。

JUGEMテーマ:学問・学校


思考 comments(0)
1/125 >>

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
NEW ENTRY
PROFILE
CATEGORY
COMMENT
ARCHIVES
LINK
OTHER
qrcode



-教育ブログ-
にほんブログ村 教育ブログへ
↑もしよかったら1クリックお願いします(*´∀`*)ノ

-ビジネスブログランキング-
ビジネスブログランキング
もしよかったら1クリックお願いします。